愛してたって秘密はある最終回結末の感想!もう一人の自分”さく”!

ドラマ「愛してたって秘密はある」の気になる最終回結末の感想や視聴率についてまとめてみました。

愛してたって秘密はある、の最終回ネタバレ感想と視聴率はどうだったのでしょうか?

ついに最終回となってしまいました。気になるその結末とはどうなっているのでしょうか?

黎は?爽は?そして黒幕の正体とは?

愛してたって秘密はある最終回あらすじ

~第10話 ついに,黒幕登場!母だけが知る驚愕の真実!~

【最終回の見どころ】
「父・奥森皓介(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と
恋人・爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。
思いもよらなかった罪の告白に動揺する爽は
黎を拒絶してしまう。
そんな中,黎は,父を殺したトロフィーを爽に送った犯人が
わかったと警察から告げられ,防犯カメラの映像を
見せられる。そこに映っていたのは,黎がよく知る女の姿でー。

真相を確かめようと自首を思いとどまった黎だが,ある朝,目覚めると,
リビングに切り裂かれた父の日記のコピーと,見覚えのないDVDが1枚
置かれているのを見つける。
DVDを再生すると,そこには,黒いフードを被った人物の姿が。
カメラに向かって晒されたその顔は,思いもよらない人物の姿だった…!

そして,ついに,息子を庇って逮捕された母・晶子(鈴木保奈美)の口から
驚愕の事実が明かされるー。

全ての謎が解き明かされる,衝撃の最終回!!!

→愛してたって秘密はあるを無料お試しで見るにはこちら♪

愛してたって秘密はある最終回の視聴率

愛してたって秘密はあるの最終回、気になる視聴率はどうだったのでしょうか?
愛してたって秘密はあるの最終回の視聴率は、10.1%でした。最終回で初の二桁台に

なりました。

愛してたって秘密はある最終回結末の感想

とうとう、最終回が終わってしまいました。10話は長いようであっという間でしたね。

結局犯人は黎だった、ということですね。

大学生の時に、ひょんな事からお父さんの日記を見つけて読んでしまった。そして、自分が父親を殺したのは父親が母親にDVをする極悪非道な人物だったから殺した、殺されても仕方の無い事をしたからだ、とある意味自分の事をどうにか正当化していた。

しかし、父親の日記を読み父親が実は立花検事正から不当な脅迫を受けていて、そのストレスの末、妻に手を上げてしまっていてそれを悔いる文章があった。その事を知った黎は、自分がただの人殺しでお父さんお実は苦しんでいた被害者であった、と知る。その事実に耐えきれなくなり、黎のもう一つの人格である”さく”という人間が生まれてしまった。

ということになりますね。あまりにも追い詰められると人はこうして二重人格になることがあるんでしょうか?怖いです。

そして、黎が爽との結婚を決めてからずーっと邪魔しつづけてきたのも”さく”でした。結構前から黎が二重人格で自分で自分に脅迫メール送ってるの逆に面白いね、って意見がありました。サク言うこと聞かないと黎を殺すかも、って脅されたお母さんがやっていたことですがそれにしても端から見たらほんとに黎が自分で自分を苦しめていた、みたいな構図ですね。

しかし、途中からお母さんも爽のお父さんが実は夫が自分に暴力をふるうきっかけとなった取り調べをしていた立花検事正だと知り、黎と爽との結婚はしてほしくない、辞めてほしいと思うようになったということですね。

その割には、黎は悪くない、幸せになれる、結婚すればいい、って推し進めていた気もしたんですけどね。

色々な事が起こりすぎて、逆に黎と爽の絆が深まったんですね。

爽は、「ずっと二人で」て刻印された黎からの婚約指輪を見て黎が罪をつぐなって出てくるまで待っていようって決めたみたいですね。”さく”が出てきている時に、恋人に暴力ふるわれています、って警察に通報してどうにか黎の自首したい、って想いを叶えさせた爽は今までと違って、何かを心に決めた強い女性、って感じが出ていてすごく良かったです。連行されていくとき、黎に戻って「ありがとう」って言ってた黎を見てほっとしました。

面会した爽と黎がガラス越しに指切りしたシーンは感動でしたね!この先殺人だと長いこと出れないですが、そんな自分を待っていてくれるってわかった黎のうれしそうな顔が良かったです。もしかしたら、爽は途中で他にいい人に出会うかもしれない、それはしょうがないと思います。でも今この瞬間の二人の指切りは絶対に心からだと思いました。

本当の最後に、爽との面会後にまたさくが出てきていて縄をつけられながら廊下を歩いているときに一言、「黄色いバラの花の香りがする…」て言ってドラマが終わりました。なんか、恐怖しかなかったです。本当にサイコですよね~。

やっと自首して、「これから罪をつぐなって新しい自分を生きられるかもしれない」という黎の言葉を聞くと本当に15歳のあの日にきちんと警察を呼んでおけば…と思いますね。”さく”という人格も生まれなかったでしょう。

犯罪を犯した人を許せるのか、とか犯罪を犯した自分でも罪をつぐなって許されて生きていけるのか、とか色々と重いテーマでした。

ドラマでは感動的なラストでしたが、実際に犯罪に巻き込まれたとなるとこんな綺麗にはいかないとは思います。あくまでドラマ、ですからね。

それから、黎のお母さんは黎をかばうあまりにここまで来てしまった。しかし、結局それが黎を苦しめてしまったと泣いていました。普通の親として、黎の結婚を幸せを祝ってあげたかったと言っていました。母親の気持ちもわからなくはないですが、やっぱり11年前に黎がしたことを隠さなければ良かったのに、と思います。

愛してたって秘密はある 弁護士香坂先生の時計の秘密

今まで散々、弁護士の香坂先生がしている男物の腕時計が怪しいぞ!な~んてお伝えしてきていますが、ラストのラストで詳細がわかりました。

香坂先生がしている男物の腕時計は、何かの事情で育児放棄した過去がある先生が息子の誕生日に贈ったプレゼントだったのですが送り返されたもの、だそうです。

黎の母親と面会しているときにそう話していました。黎の母親が、自分は母親失格だと泣いている時に自分も子供が実はいて、という話の流れで暴露されました。

となると、伏線に見せかけただけということですね。まんまと騙されました!

愛してたって秘密はある”さく”とは?

今回、福士蒼汰さんが演じたもう一人の黎の人格が”さく”という人間なんです。二重人格だったということになりますね。

が、そもそも誰が名付けたんでしょう?母親ですかね。それとも自分で名乗った?

とにかく、さくは父親を殺したことをへとも思っていない。殺されて当然だろう、あんな奴というスタンスでいます。自首したい黎を何度も家へ引き返させたのもこのさくの仕業です。

「何で自首しなきゃなんないの?何も悪いことしてないのに」とか、「あいつは殺されて当然だ」とか「(爽に)おまえみたいなの大っ嫌い。偽善者!」とか言ってました。

もう一人の黎だから、黎の中にこいつがいるって事は事実なんですが、普段の黎と性格が違いすぎて笑えちゃいます。黎がおとなしくていい人過ぎて、さくが逆に際立つというか。

そして、サイコパスなさくを演じた福士蒼汰さんも演技がうまくてあっぱれでした!いつも優しそうな役ばかりさせられていたと思うので、これからはこういう悪どい役とか、女たらしな役とか、嫌な奴もたくさんしてほしいな~って思いました。

愛してたって秘密はある続編がある!

実は、愛してたって秘密はある、続編があるそうです。

”本当の完結編”オリジナルストーリー「僕はだれだ?」だそうです。

これは、Huluでしか配信されないそうです。

9月17日 第1話

9月24日 第2話

と全2話の完結です。

~愛してたって秘密はある続編のあらすじ~

最終回でその存在が明らかになった主人公・黎の別人格「朔」。 罪を償うため、自首した黎は、自分とは正反対の“もう一人の自分”と向き合うことになる――。
舞台は「取調室」。
刑事の一ノ瀬、井上の問いかけをきっかけに、マジックミラーの中に映る朔と対峙し、対話していく黎。
連ドラでは明かされなかった謎、黒幕の全貌が、朔の口から語られる…!
そして、朔は黎に、ある要求をする。
―――――その体、俺に譲ってよ。
自分を待っていてくれる爽の事を思うと、絶対にそんなことはできないと思う一方、「このまま“殺人犯”で“多重人格”なのに彼女を縛っていて良いのか?」と朔に突きつけられ、揺れ始める黎。
面会に来た爽に、黎が告げた結論とは?そして、爽の答えとは…!?
果たして、黎と朔は“統合”されるのか――――
連続ドラマの、本当の完結編 「黎と朔の物語」。

これはすんごく見たいですね!さくって、朔って書くんですね。

愛してたって秘密はあるの続編を見たい方はHulu無料お試し期間の登録をすれば

見られるそうなので是非みてくださいね。→Hulu無料お試し登録はこちら

関連記事はこちら

愛してたって秘密はある口笛の黎はサイコパス二重人格なのか!? 

愛してたって秘密はある写真意味は何?爽は実は犯罪者なのか!?

愛してたって秘密はある 伏線が時計で怪しい!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする