ごめん愛してる7話あらすじ感想!凛華の心は律へ…。

ごめん愛してるの7話のあらすじ感想や注目される第7話の視聴率も調べてみました。

ごめん愛してる7話あらすじ

~第7話 消えゆく命の灯・命をかけた愛の形!!
交通事故を起こし生死を彷徨うサトル(坂口健太郎)。取り乱した麗子(大竹しのぶ)は理不尽にもサトルの運転手である律(長瀬智也)を責め立てる。そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に心臓移植の必要性がある事を告げられる。
麗子からサトルの傍にいるように言い付けられた凜華は、必要とされることに喜びを抱く反面、律への思いは膨らむばかりだった。そんな中、律は医師から銃弾を受けた脳の症状が悪化していると診断され…。。

ごめん愛してるの7話視聴率

ごめん愛してる第話の視聴率はどうなっていたのでしょうか?ごめん愛してるの7話視聴率は8.0%でした。前回が9.5%だったので落ちてしましました。

→ごめん愛してるを見逃した方はこちらの31日間無料お試しで視聴できますよ↓

ごめん愛してる7話感想

ごめん愛してる7話の感想です。

前回の予告を見たときから思っていましたが、サトルは塔子にふられて落ち込むのもわかるんですが、今更凛華のことが大事だって気づくなんて本当に遅すぎますね。凛華はずーっと昔からサトルのそばにいてサトルのために働いてサトルのことを想い続けていたのに。その間全然気づかなくって、しまいには塔子のことを好きになって婚約までしたのに。凛華は本当につらかったと思います。

凛華は今ではサトルより律の大きな愛にひかれて律のことを好きになっちゃいました。でも、サトルのことを好きだったわけですから、今サトルに求められるのも嫌ではないと思います。でもそれ以上に律のことが好きだから、心は変えられないからどうしようもないですよね。

最後のシーンで律に背伸びしてキスしたら律から「おまえのことは好きじゃない」って言われてしまいました。律は、自分の命が本当にあと少ししかない事がわかって、凛華を悲しませないために、自分のことを嫌いになるようにしているのでしょうか?

律が、日本の病院で再検査して「医者に残念ですが・・・」と改めて現実を突きつけられて悲しみに暮れているときに求めるように凛華に電話したけどつながらなかったときの悲しい顔が印象的でした。

サトルの母麗子も、サトルが求める凛華をサトルのそばにいさせようと半ば強引に言ってきますね。息子が生死をさまよっていた時に律と凛華が海で夜を明かしていた事を知り、激怒して律にも凛華にも冷たく「帰って」なんて言ってたくせに~!サトルのためとはいえ、虫がよすぎます。

律がどこか遠くへいってしまう、って感じたさかなくんですが「どこにも行かないで」って涙流して泣いていたのはかわいそうでしたね。律から「男は母ちゃんを守れなきゃだめだ。さかなが母ちゃんを守ってやれ」っていうとこ、母ちゃんと自分の女っていうのも付け加えて欲しかったな~。

律って懐が深くて広いですよね。わかなやさかなくん、凛華とのやりとり見ていて思います。あんな人がそばにいてくれたら女性は安心だろうな。

でも律、死んでしまうんですね。幸福の王子の物語、「自分の目をあげて自分がボロボロになって死んでもそれで助かって喜んでくれる人がいてくれたら王子は幸福だろ」って、律はサトルへ心臓をあげるんでしょうか?やっぱり。そうだとすると凛華の気持ちを考えるとすごくつらいですね。凛華は律の命の期限のこと、知らないわけですからね。

今回結構好きだったシーンは、ラストの雨の中凛華から律に背伸びしてキスするシーンと、律と凛華がカツ丼食べるシーンです。凛華が絶対カツ丼食べれるような4択にしてくれて、最高です。「うますぎて泣けるよな~」って泣きながら食べる凛華に合わせて言ってくれたこの言葉結構好きです。律って本当に優しいな~。凛華は愛されてる、なのにこれからは悲しい事が起きるって考えただけで泣けてきちゃいますね。

そして、主題歌の宇多田ヒカルさんのForevermoreの前奏が流れてきたら泣けるスイッチがだんだん入ってきた気がします。この歌ドラマにぴったりですね。切ない歌詞も、曲もぴったりです。

ごめん愛してる8話予告あらすじ

~第8話 芽生える嫉妬心…愛が狂気に変わる ~

律(長瀬智也)の元に韓国にいたときの仲間・ビョンチョル(成河)から連絡が入る。若頭の狼(イ・スヒョク)が撃たれたというのだ。その報復のために戻って来てほしいと頼まれるが、かつて組織に使い捨てにされた律はその判断に迷う。しかし、律の脳の手術が可能な名医を探し出したと告げられ、生きられる希望を持った律は韓国行きの意思を固める。

一方、麗子(大竹しのぶ)は凜華(吉岡里帆)にサトル(坂口健太郎)との結婚を勧める。しかしあまりにも突然の提案で、律への思いを断ち切れない凜華は、サトルから必要とされる気持ちを受け止められずにいた。そんな中、律と凜華の関係を気にするサトルは、若菜(池脇千鶴)の家を訪ねる。そこには律の帰りを待つビョンチョルの姿があり、サトルはビョンチョルから衝撃の事実を告げられる・・・。

→ごめん愛してるを見逃した方はこちらの31日間無料お試しで視聴できますよ↓

凛華の衣装がかわいい

凛華の7話の衣装もすごくかわいかったです。

こちらのボーダーにレースのカットソーがセールになっててお得ですね。

↓こちらのエスニック刺繍ブラウスはまだまだこれからも着れそうですよね。
→URBAN RESEARCH Sonny Label ペイズリー刺繍ギャザーブラウス


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする