僕たちがやりました[僕やり] 感想3話と視聴率について!

ドラマ「僕たちがやりました」3話の感想についてまとめてみました。また、僕たちがやりました3話の視聴率についても調べてみました。僕たちがやりました3話の視聴率とみんなの感想はどうだったんでしょうか?

→→→僕たちがやりましたはFODで無料お試し視聴できます♪

僕たちがやりました3話あらすじ

罪の発覚を恐れてパイセン(今野浩喜)とマル(葉山奨之)と共に海外逃亡を図ろうとするも、目の前でパイセンが警察に逮捕され空港から逃げ出したトビオ(窪田正孝)。
飯室(三浦翔平)は、目撃証言などから共犯者がいると確信し、パイセンを厳しく取り調べる。
病院では、爆発で重傷を負った市橋(新田真剣佑)がリハビリに励んでいた。犯人とにらむトビオらへの復讐を誓う市橋は仲間に命じて…。
自分も捕まるのではないかとおびえ学校にも行けず家にも帰れないトビオに、空港に現れなかったマルから電話が入る。最初からすっぽかすつもりだったと許しを請うマルを呼び出し、トビオは一緒に逃げようと提案。“死ぬまでにやりたいこと”をすべて書き出して、パイセンにもらった金で実現しようと持ちかける。“やりたいこと”の一つ目を実行するため、夜の歓楽街に繰り出すトビオとマル。2人は、初めての世界に大興奮!しかし翌朝、トビオを愕然とさせるまさかの事態が…!

僕たちがやりました3話視聴率は?

僕たちがやりました第3話の視聴率は6.6%でした。しかしこれは関東地区のデータで、関西地区のデータでは8.7%だったようです。関東と関西では見たいものが異なるようですね。

PR

僕たちがやりました3話の感想

僕たちがやりました第3話の感想を集めてみました!

ここにきてようやく4人それぞれの人間性が垣間見え、各々違った現実逃避が描かれてますます面白くなってきた。なかでもマルは一番のくせ者かも(笑)。発端を考えると、まさに恩を仇で返すような行動。ほとんど自分のことしか考えてなくて、トビオの怒りもよくわかる。伊佐美はもしかしたら一番真っ当な人間で、物事を真剣に受け止めることができる人。でも、やっぱりみんな頭の中はまだ子供で、本能のまま生きる思春期の少年なんですよね。子供らしい浅はかな思考と現実逃避、こんな時だからこその、本能の放出。若者らしい人間らしさが痛々しくも、面白い。今回は間宮くん頑張ってましたね(笑)。おかしな成りゆきで押入れに逃げ込む?トビオ、窪田くんも可笑しくて思わず笑ってしまった。うん、これくらいの描写は許容範囲かなと(笑)。ただ、次回まさかのヤングさん登場。どうか抑え目にお願いします(笑)。あと市橋を演じる新田真剣くん、怪我してからちょっと凄味が出てきていい感じです。彼の怪我も実は因果応報、悪いことをしたら必ず自分に返ってくるという典型ですよね。トビオたち4人も含め彼らの行く末、これからの展開を楽しみに見守りたいなと思います
退屈しない。剥き出しの人間が描かれていて実に面白い。究極の状況に陥った時人間らしさがモロにでる。バカで弱くて狡くて残酷で哀しいくらい滑稽で・・・伊佐美が死に損なってヤリたいってなったのは「死」以外にあの事を忘れられるのはそれだったからでしょうね。本能的に。どこかリアルに感じて無いパイセン、被害者なんてなんのその友人さえ裏切って目の前のカネに心躍るマル、金で見逃してと言うトビオ、挙句真犯人とか言い出しちゃって(笑)若いせいだけじゃなく、人間ってこんな愚かさ持ってると思う。実際、明らかにやってるだろって犯人がニュースで覚えてないだの、やってないだの、逃げるし汚いし。政治家は入院ね。事件化しなくても人は汚い自己防衛をする。エログロ視点より、人を見ると面白いドラマ。窪田くん好きだけどこれじゃない感のドラマも結構多い。でもこれは良いと思う。繊細な表情もがんばってるコミック感ある表情も普通に上手いし、他の演者さんも女優陣も良い。最後までこのフジの攻めを評価できるといいなと次週も楽しみ。
ドンドン面白くなる。
全く異なるキャラの4人に目が離せないのと、川栄李奈ちゃん今回は
頑張っていますね~。一途な?女の子を演じています。フラ恋とはまた違っていいです。
「俺物語!!」から可愛い~と思っていた永野芽郁ちゃんもキラキラしていていい!
クズっぷりが最高の4人と女性陣ガンバレ!!
このドラマを敢えて9時台に持ってきたフジTVさん、よく思い切りました。。。
危機に陥った時、人間の本質が露わになる。小さな復讐のつもりが10人も死亡する惨事になり、トビオはひたすら現実逃避を続ける。一番気弱に見えたマルは人の死を笑い、平然と仲間を裏切る。一方で、お金をばらまいて他人の気を引いていたパイセンは、逮捕されても仲間の名を口にしない。性欲ばかりの伊佐美は、唯一被害者の痛みを感じて自殺を図るも、ロープが切れて助かる。
初回は底の浅いドラマに見えたが、回を重ねてだんだん深みが出て来た。決して共感は出来ないが、人間の弱さ、愚かさを描こうとしている。大爆発を招いた真犯人も気になる。トビオ達がきちんと自分と向き合って罪を償う事を願う。
このドラマは初回の虐めや暴力シーン満載で出足で思い切り躓いた感じがする。
今日なんかは緩い感じもあって、バランスが取れて面白くなって来た。
警察と不良グループ両方に追われた上、仲間にも裏切られて、300万全部取られて、絶体絶命の感じの窪田正孝の主人公だが、これからどう逃げ延びて、真犯人の証拠を掴むのか楽しみ。
川栄李奈が際どいシーンにも挑戦して、存在感を見せている、ヒロインは永野芽郁より川栄李奈という感じがする。
どうしよう 面白い。
批判コメに 反論する事も、思想を展開するのも
忘れるくらい 面白い。
マルの クズっぷり・・クズ過ぎて笑える。
でも 女装可愛いかった。
本当の悪は あの 凡下高の メガネの
ハゲた先生だと思った・・
パイセンに 傷つく事 平気で 言ってたし。
いるよね ああいう先生・・生徒の事より
世間体が大事ってね。
・スピード感あるし・これ どう着地するんだろ
?・・今回は 個人的推しの 岡崎紗絵ちゃんと
吉村界人くんのツーショットも あったし
嬉しいなぁ。皆んな 上手いし・・
キャストを 生かしきってる。早く次回が見たい
視聴率なんて 気にしないで。
視聴熱は トップだから。

→僕たちがやりましたをFODで無料お試しで見るにはこちら♪

PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする