愛してたって秘密はある 1話感想と視聴率について!

ドラマ「愛してたって秘密はある」の気になる第1話の感想や視聴率についてまとめてみました。福士蒼汰さんが主演のこの夏話題のドラマで、AKB48をプロデュースしている秋元康さんが企画・原案を書いています。そんな愛してたって秘密はある、の感想と視聴率はどうだったのでしょうか?

愛してたって秘密はある1話のあらすじ

弁護士を目指す司法修習生の黎(福士蒼汰)は、同期の司法修習生・爽(川口春奈)と交際中。黎は爽からプロポーズされ、二人は結婚を決意する。幸せな将来に向けて順風満帆な人生を送っているように見える黎。しかし、彼には誰にも言えない秘密があった。

11年前、中学生だった黎は、父の皓介(堀部圭亮)が母の晶子(鈴木保奈美)に激しい暴力を振るっているところを目撃。晶子の命の危機を感じた黎は、とっさに皓介を殴り殺してしまう。黎と晶子は皓介の遺体を自宅の庭に埋めて、黎の罪を隠す。以来、黎の心には常にこの日の出来事が重くのしかかっていた。

黎は、友人の司法修習生・虎太郎(白洲迅)とともに神奈川地検で検察修習中。自分が人を殺してしまったことから、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、どんな被疑者にも真剣に向き合って事件の真相を探っていく。

そんなある日、結婚の報告をするため爽の実家を訪れた黎は、彼女がずっと隠してきた秘密を知ることとなる。爽の父親は、黎が検察修習をしている神奈川地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)だったのだ。立花はどんな凶悪犯も落としてきた評判のコワモテ検事。「娘の恋人は被疑者みたいなもんだ」と、取調べのように立花に詰問された黎は、「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。

そんな中、黎のもとに不気味なメールが届く。差出人は不明だが、黎が父を殺したこと、父の遺体を庭に埋めたことを知っているようで…。誰かが自分の秘密を知っている…その事実におびえる黎。しかし、不可解な出来事はメールだけに留まらず、次々と黎の身に降りかかってきて…。

愛してたって秘密はある1話の視聴率

愛してたって秘密はあるの第1話気になる視聴率はどうだったのでしょうか?福士蒼汰さんが主演なのもありますが、秋元康さんが企画・原案をしているこの夏注目のドラマなのです。
愛してたって秘密はあるの第1話視聴率は8.2%でした。うーん、初回にしてはまあまあというところでしょうか。今後の視聴率の動向に期待したいですね。

愛してたって秘密はある1話の感想

終わり間際になって、畳み掛けるようにストーリーが動き出して面白くなりましたが、前半はテンポがあまり良くなかったですね。人物の心理描写が甘いと思いました。
ストーカー男の件のように、一方では良い事をしていても、もう一方では殺人者だったというような、人間の多面性、複雑さ、どっかネジが外れてる様子など、後半は面白く見れました。一度良いことをしたからと言って、全部が良い人ではないし、概ね良い人でも、過ちを犯すこともある。そんな、人の不思議をこれからもみたいと思いました。
殺人という罪を犯したことより、罪を償わない事の方がどれだけ重い十字架か…
きっと、この先、黎だけでなく、他の登場人物達にも、それぞれの罪に似た隠し事が出てくるのでしょうね。
秘密に向き合わざるを得なくなった人々の、弱さ、狡さ、強さ、品性など、何がどんな風に現れてくるのか、楽しみです。
私なら庭に埋める方が嫌
車を捨てに行ったのなら死体も一緒に葬りたい。
あの庭の片隅にずっと父親が埋められているのにそこに住み続けるなんて耐えられないくらい恐ろしい。
母親のあの明るさも怖い。
あれも一つの闇なんだろうか。
「庭のお父さんには 彼女紹介しないの…」って誰からのメールだろう? あの黄色い薔薇の花束は? 沈めたはずの罪は何度も何度も悪夢のようにレイを襲うのは、もう一人のレイではないのか?
ストーカーが自白したのは証拠を突き付けられて観念したからか?否定された心はそんな簡単なものだったろうか? けれど 罪を自白した後の犯人の顔はどこか吹っ切れたような ホッとしたような顔に私には見えた 寄り添ってくれたレイにだから見せた顔ではなかったのだろうか? 罪は償うことよりも隠すことの方が苦しいのかも知れない。
犯罪者と言っても、軽い犯罪から重い犯罪まである。
殺人を犯すのは、越えてはならない線を越えたことになる。
レイは越えてしまったのです。
お父さんは素手でお母さんを殴っていた。
レイは十五才で体も大きいので、素手でお父さんを殴って止めれば良かったと思う。
自首しようとするレイを止めたお母さんは、自分が殺したことにしてレイの代わりに償うのかと思った。
そういう選択肢を考えることはいっさいなく、
「罪は無かったことにすれば罪じゃなくなるのよ」
と息子に悪魔の囁きで、二人とも償わない道を選んだ。
そこにお母さんの性格が現れていて、お父さんが「ある時期を境に暴力をふるうようになった」のは、お母さんにも何か重大な罪があったのかもしれないと思った。
追い詰められた主人公が、どう罪を償っていくのか見ていきたい。
11年前、父の失踪を偽装した後に届を出し、7年経過したら戸籍上は死亡扱いになりますから、
「4年前」と言ったのでしょうね。
保険金はどうなったのかな?
かなり有能だったらしいDV父は、なぜ看護婦の母と結婚したのかしら?
野心家なら、教授や病院長の娘を狙いそうだけれど。
貯金が全然ないと言っていたが、看護婦のお母さん一人の収入で、あの立派なお家を維持して息子を進学させるのは大変だったろうな。
庭に遺体が埋まっていたんじゃ家を売ることもできなかったわけだが、今後の展開に関連しないのかな?伏線かな?と思った。
結婚資金もないのに逆プロポーズさせ、直後に死体と凶器が消えるなんて、何かありそう。
でも、爽のマンションが素敵すぎて、混乱する。
都内に実家があるようだけれど、一人暮らししているの?
親が検事で、そんなに贅沢できるものかな?
単に、監督がバブリーな趣味なのかな?
まったく期待していなかったので、予想外に面白かったです。罪を犯しながら正当な罰を受けることなく生きてきた主人公が、その罪に関わる仕事を目指している。しかも自分を正当化するかのような、犯罪者に寄り添う弁護士とか。冒頭からサスペンスらしい場面に思わず惹きこまれ、司法修習生として実際の事件に関わる展開も興味深く、面白かった。その事件を通しながら、自分の立場、心理を軽くしたいという願望も伝わってきて、学生時代の回想も主人公の重圧がわかりやすく良かったと思う。ただ主人公に共感できるか、というのは別物で。黎は罪悪感から逃れること、そして罪を正当化することしか考えられていない気がして。確かに酷い父親だったかもしれないけれど、他に手立てもあったはず。そんな黎の甘さを遠藤さん演じる検事正が厳しく指摘し、ぴりりと締めるところはまさに正論で、その対比もかなり面白かったです。この先暴かれていく過去に脅える黎とお母さん、またその犯人の動向もすごく気になるし、他の事件が絡むことでまだ主人公の繊細な心理描写…その必然性が少なめなので、演者さんも悪くなかったです。
あの状況自分だったら、息子を犯人にしないように動く。自分が殺ったことにして、息子には遺棄を無理矢理手伝わせたことにする。15才の息子はそうやって暗示にかけて守る、かな。だって息子は自分を守ろうとしてくれたんだし。
自分達にあんな重い過去が有りながらよそ様の娘に逆プロポーズをそそのかし浮かれるなんて考えられない。そこが普通の母親の感覚と違うと思う。巻き込めないよね。
そうは言ってもミステリー好きなので、誰が仕組んでるのか気になってしまう。

愛してたって秘密はある2話のあらすじ予告

11年前に皓介(堀部圭亮)の遺体を埋めた庭が何者かによって掘り返され、遺骨と凶器が持ち去られていた。黎(福士蒼汰)と晶子(鈴木保奈美)は激しく動揺。自首すると言い出す黎に、晶子はやめてほしいと懇願する。

爽(川口春奈)は、結婚の準備に張り切っていた。黎は先走る爽をそれとなく止めようとするものの、爽は黎の思いに気付かない。そんな中、黎のもとに「お父さん、みーつけた」と皓介の遺体を見つけたことをほのめかす不気味なメールが届く。

一方、晶子は過労で倒れてしまう。そんな晶子を一人にするのが心配になる黎。彼は、爽と別れる決意をする。

一方、爽が立花(遠藤憲一)に、黎の家族との食事会の日程について聞くと、「結婚を許した覚えはない」と告げる立花。彼は、黎の身辺調査をしていた。黎が信用できる人物ではないと立花に言われ、爽はショックを受ける。そんな彼女のもとに差出人不明の封筒が届く。その中には、黎の父に関する、ある事実が記された紙が入っていた。

黎は、爽に呼び出される。爽は、黎が父親のことで嘘をついていると知り、怒っていた。黎は、爽に問い詰められ…。

→Hulu今なら2週間無料お試し実施中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする