ブラックリベンジ動画最終回を無料で見るには?感想もあり!

ブラックリベンジもついに最終回ですよ。そんなブラックリベンジの動画最終回を見たい方はいますか?

ブラックリベンジの最終回動画見逃しを無料で見られる方法があるんです。ブラックリベンジを見逃してしまった方、その他最終回がどうしても見たい方におすすめの方法です。ブラックリベンジ最終回動画見逃した方は是非見てみてください!

ブラックリベンジ最終回動画を無料で見る方法

ブラックリベンジ、最終回動画を見逃してしまった方に私が今すごくおすすめしたいのがHuluという動画配信サービスになります。

Huluという名前はみなさん聞いた事がある方も多いかもしれません。

こちらのサービスではドラマ放送後、ドラマを見たかったのに見逃ししてしまったり、見たかったのに見ることができなかったというような過去のお話まで一気に見たいという方にとっても便利なサービスとなっています。

動画配信サービスのHuluはドラマ、映画、アニメなど、すごく膨大な数のコンテンツがあるのでずっと飽きる事なく視聴を楽しむことができます。

もちろんパソコン、スマホ、タブレットから登録後、今すぐ視聴できるのも便利なポイントですよ♪

映画やドラマを無料で見るにはHuluの2週間無料お試しがおすすめ!

危険な違法動画サイト

一番怖いのは、安易に違法動画サイトで視聴してしまうことなんです。今、無料で動画を視聴できるサイトがたくさんありますが全て違法なんです。

手軽だからと安易に視聴してしまうと最悪の場合は罰金てことになったり、今違法動画サイトで一番多いトラブルはパソコンが悪いウィルスに感染してしまったりすることなんです。

公式な動画視聴サイト以外での視聴はまずいい事は起こりません。

その点、Huluでの視聴は安全で安心な視聴をお約束できますし、わずらわしい広告なども無いのでいつでも快適に動画を楽しむことができますよ!

→ブラックリベンジをHulu無料お試しで見るにはこちら♪

ブラックリベンジ最終回あらすじ

~最終回~

「週刊星流」のねつ造記事により、将来有望な政治家だった夫の寺田圭吾(高橋光臣)を失った今宮沙織(木村多江)。5年後、ねつ造した3人のスキャンダルを暴いて復讐した沙織は黒幕の星流編集長、福島勲(佐藤二朗)も罠にはめて地獄の底に叩き落す。この後、沙織は5年前にねつ造の情報を提供したのが糸賀朱里(鈴木砂羽)だった事を知る。沙織は朱里に話を聞くためにクリニックを訪れ、絶命した妹の綾子(中村映里子)を発見。沙織は朱里が圭吾を陥れた理由には25年前に校舎の屋上から転落死した北里玲奈が関係していると考え、廃校になった母校の恵蘭女子中学校を訪れる。沙織は校内を歩き、当時の事を徐々に思い出していく。そして、沙織が25年前に玲奈を見かけた教室にやってくると、そこで待っていたのは朱里だった。この後、沙織は25年前の玲奈の転落死の真相を知る事になる・・・。そして、衝撃の結末へ!

→ブラックリベンジをHulu無料お試しで見るにはこちら♪

ブラックリベンジ最終回 管理人さくらの感想

ブラックリベンジ最終回を視聴しました。

結局、朱里が全ての犯人だったわけですが中学時代自殺したれいなさんのための復讐だったんですね。沙織の夫が死んだ後は、同じような復讐の気持ちを沙織にも味あわせてやりたいとの想いだけでここまでやってきた感ありますね。でも、関係ない人たくさん巻き込んで本当に最悪ですね。

朱里とれいなさんの関係を沙織が友達に言ってしまうというのは年齢的にもしょうがない気もします。誰にも言わなくてもいつか他の人にバレたかもしれないし。でも、軽はずみな行動が人一人の命を奪ってしまうと考えると沙織ももう少し考えた方が良かったのに、って思います。

沙織がゆうとくんを育てていくという最後の罰を与える、って何様のつもりだよとしか浮かんできませんでした。朱里は、大切なれいなさんのために復讐していたんですがやり過ぎですね。でも、ゆうとくんには罪は無いし沙織はかわいがって育てるんだろうなと。

今でも復讐心で生きているという終わり方でしたが、もうこれ以上負の連鎖しないでほしいですね。朱里も死んだし。編集長だった福島が生きてましたね、あのビルから落ちて怪我で済むなんてすごい人です!

ブラックリベンジ、明るい終わり方にならないことはわかっていましたがやっぱり死んだ人、不幸になってしまった人が多いのでちょっと悲しい終わり方になりました。

ブラックリベンジ最終回の感想

→ブラックリベンジをHulu無料お試しで見るにはこちら♪

関連記事はこちら

ブラックリベンジ 妹が最低でムカつくと炎上中!

ブラックリベンジあらすじ&キャスト&相関図 木村多江さん復讐の鬼に!

芹那ブラックリベンジですっぴん劣化してる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする